横須賀市 職員採用

一緒に、もっとワクワクするまちへ

職員の声

佐々木 蓮太

令和2年4月入庁
福祉部地域福祉課
担当業務:福祉の総合相談

現在の仕事を教えてください。

令和2年の4月から新設された「ほっとかん」の窓口で、福祉に関して様々なお困りごとを抱える方への相談支援業務を担当しています。具体的には、介護や病気、障害、引きこもりについての相談対応のほか、成年後見制度の利用支援、利用可能な各種サービスの案内、養護老人ホームの入所調整等を行っています。

現在の職場の雰囲気はどのような感じですか?

相談業務を主としているため慌しい雰囲気で1日があっという間に感じます。ご相談の解決には様々な知識を必要とすることが多く、積極的に職場内でのコミュニケーションを取っています。また、困ったことやわからないことがあったときは、先輩職員の皆さんが優しくフォローしてくださるので、安心して仕事に取り組めています。

公務員の中でも横須賀市職員になろうと思った理由を教えてください。

旅行で訪れた時に、横須賀の海のある生活に大きな魅力を感じました。そんな横須賀で暮らしてみたいという想いと、その魅力を人に伝えられる職場で働きたいという考えから、横須賀市役所の採用試験を受けました。

業務でやりがいを感じたことを教えてください。

相談業務では、幅広い知識や豊富な経験が必要であるため、日々の勉強に苦労することもあります。しかし、お困りごとの解決に向けて取り組んだ結果、解決できたり、解決の兆しが見えたときに、その方の安心した表情や笑顔を見るととても嬉しく思います。

勤務時間外や休日の過ごし方を教えてください。

自宅近くの海岸を散歩したり、趣味であるバスケットボールをして過ごしています。新型コロナの影響で今は難しいですが、洋服が好きなので、自由に買い物ができる日が楽しみです。休暇をとりやすい雰囲気なので、自分の時間を確保でき、オンとオフのメリハリのある生活を過ごせています。

受験を考えている方に一言

市役所の一般事務職は、どこの職場に配属されるかわからず、自分が希望した業務に従事できるとは限りません。しかし、配属先では今まで自分が経験してこなかったことを学び、積み重ねていくことができるため、各種制度の理解が深まり、自分の成長を実感できます!

横須賀のここが好き!

山と海が相まってジブリのような世界観を感じられるところ!

職員の声

ワークライフバランス

先輩職員の声

上司へのインタビュー

  • 高橋 知子

    【一般事務】 市民部窓口サービス課 総務係 係長

  • 若麻績 順哉

    【土木技術】 経営企画部企画調整課 主査