横須賀市 職員採用

一緒に、もっとワクワクするまちへ

上司へのインタビュー

高橋 知子

平成16年4月入庁
市民部窓口サービス課 総務係 係長

係長として意識していること

現在の課への異動と同時に係長になり、初めは戸惑いましたが、まずは明るく楽しく仕事ができる雰囲気づくりから始めました。特にチームの仕事が忙しい時や大変な時こそ、そういった素振りは見せず、雰囲気が良くなるように努めています。また、わからないことは積極的に職員から教えてもらい、悩ましいことは意見をもらうなど、全員で考えを話す場を多く作るようにしています。それぞれの考えを伝え合い、尊重することで、お互いの成長を支援し合い、より良い仕事ができる環境づくりがしたいと思っています。

仕事のやりがいを教えてください。

「自分の頑張りにより人が喜んでくれると、自分も嬉しい気持ちになる」という学生時代に得た経験から、人の役に立つ仕事がしたいと考え、この仕事を選びました。市役所の仕事は市民の生活の全てに関わる仕事であり、私達の行いが、良いことも悪いことも社会に強く影響を及ぼします。それゆえに、緊張感を持ち、真摯に取り組むことが非常に大切ですが、その結果、市民の方から「ありがとう」といった感謝の言葉を頂くと、頑張って良かったとやりがいを感じます。

受験者の方へ

横須賀が好きという方、お待ちしています!「好きこそ物の上手なれ」とあるように、好きなことであれば積極的に取り組み努力し続けることができます。横須賀をあまり知らないという方も、まずは横須賀に遊びに来てください。海良し、山良し、風光明媚で異国情緒も感じられる、食べ物もお酒も美味しい人情味あふれる、魅力いっぱいのまちです。 私達は市民のために働いています。人が好き、人のために仕事がしたい、人の喜ぶ姿が見たい。そうお考えの方、ぜひ一緒に働きましょう!

Career Advancement

2004年 健康福祉部長寿社会課(現福祉部地域福祉課、福祉部介護保険課)

福祉の仕事 を通して、市民や関係機関の方と接する中で、市職員としての基礎を学びました。

2011年 総務部行政管理課(現総務部総務課)

地方分権の推進に携わり、市の施策の充実について、大局的に取り組むことができました。

2016年 総務部秘書課(現市長室秘書課)

市長秘書として市長の考えを間近で聞き、一職員として市の発展のために何をすべきか深く考える契機となりました。

2019年 市民部地域コミュニティ支援課

地域の方とともにまちづくりを行い、地域の方のお話から視野が広がりました。

2020年 市民部窓口サービス課

係長に昇任。市民に一番近い課になりますが、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中で、市が担う役割の重みに、思いを新たにしています。

職員の声

ワークライフバランス

先輩職員の声

上司へのインタビュー

  • 高橋 知子

    【一般事務】 市民部窓口サービス課 総務係 係長

  • 若麻績 順哉

    【土木技術】 経営企画部企画調整課 主査