横須賀市 職員採用

一緒に、もっとワクワクするまちへ

職員の声

島崎 七穂

平成27年4月入庁
こども育成部 船越保育園
4歳児 担当

現在の仕事を教えてください。

現在、公立保育園ではクラス担任は置いていますが、クラスの垣根を越えて異年齢児の子どもたちを保育しています。子どもたちの「自分でやってみたい」という思いを大切にしながら、日々、職員間で話し合いを重ね、過ごしやすく、家庭と変わらない安心できる環境づくりを行っています。

現在の職場の雰囲気はどのような感じですか?

先輩方から日々アドバイスをもらいながらも、「こんなことを取り入れてみたい」ということを温かく受け入れてくれるとてもいい環境です。また、子どもたちの主体性を大切に、全職員で同じ方向へ向かって保育を行っています。

保育士を志した理由を教えてください。

幼い頃から年下の子の世話をすることが好きで、保育士の職業に憧れを抱いていました。短期大学に入学後、実習や見学に行き、近くで子どもの成長を感じられること、幅広い年齢の子どもと関わることができるところに魅力を感じ志望しました。

公務員の中でも横須賀市職員になろうと思った理由を教えてください。

自分の生まれ育った横須賀の地で、小さな時から憧れていた保育士の仕事をしたいという思いとともに、実習の際に公立保育園で保育士と子どもたちの信頼関係を見て、私もあのような保育がしたいと感じ受験しました。

業務でやりがいを感じたことを教えてください。

毎日、子どもたちの成長を感じることができ、生き生きと生活している姿を見られることです。また、子どもたちの成長や興味に合わせ、新しい環境を作っていき、その場で伸び伸びと遊ぶ子どもたちの姿を見た時にやりがいを感じます。。

業務での苦労話を教えてください。

子どもたち一人ひとりの個性を引きだし、心から「保育園大好き」、「保育園って安心する」と思える環境づくりと信頼関係の形成が難しいと感じる時があります。

10年後はどのような職員となっていたいか教えてください。

いつまでも初心を忘れずに、日々学び、学びを力に変えていきたいと思っています。また、今私が先輩方にしてもらっていること、アドバイスを受けていることを後輩たちにしていけるようにしたいです。

保育士の受験を考えている人に一言お願いします。

「子どもの主体性を育む保育」という1つの目標に向かって子どもたちが生き生き、伸び伸びと過ごせる保育園を共に作っていきましょう!!

職員の声

  • 土佐林 桃子

    【一般事務】 市民部 窓口サービス課

  • 櫻井 優

    【一般事務】 福祉部 生活福祉課

  • 安西 孝太郎

    【土木技術】 土木部 道路維持課

  • 西村 侑紗

    【土木技術】 上下水道局技術部 下水道管渠課

  • 馬場 潤

    【一般事務(福祉)】 福祉部 高齢福祉課

  • 島崎 七穂

    【保育士】 こども育成部 船越保育園