横須賀市 職員採用

一緒に、もっとワクワクするまちへ

職員の声

山内 貴大

平成30年4月入庁
土木部 道路建設課
道路建設課 第1係(設計施工)担当

現在の仕事を教えてください。

主に市内の道路の設計、積算、監督業務に従事しています。市民の安全、円滑かつ快適な交通を確保するため、道路の状況や交通の調査をした上で現場条件に即した設計を行っています。また、工事を進めるにあたり、関係機関や近隣住民と協議を行いつつ、工事請負者と連携を取りながら目的物の完成を目指しています。

現在の職場の雰囲気はどのような感じですか?

明るい雰囲気で、頼りがいのある先輩方に囲まれ活気のある職場です。基本的にチームで仕事を行うため、困った時は相談し、助け合う環境です。私は新卒で入庁し、仕事では大学で学んだことのない分野もありますが、豊富な専門知識を持った先輩に丁寧に教えてもらい、成長の助けとなっています。また、若手の人材育成にも力を入れており、様々な業務を任せてもらい、多くのことを経験できて成長と自信に繋がっています。

土木技術を志した理由を教えてください。

土木技術職に興味を持ったきっかけは、地図に残る仕事に憧れたからです。そこから、一つの地域に密着し、形として残る街づくりに行政として従事し、直接市民の役に立ちたいと思い、公共工事の設計、施工に携わりたいと思いました。

公務員の中でも横須賀市職員になろうと思った理由を教えてください。

私は市外で生まれ、育ちました。横須賀市を訪れた際、海と緑の自然に溢れ、歴史にも富んだ特有のフィールドが魅力的で、土木技術職として自分を成長させるチャンスがあると感じ、横須賀市職員になりたいと思いました。

業務でやりがいを感じたことを教えてください。

私が担当している仕事のやりがいは、計画から工事完成まで一連の流れに携われることです。現場ごとに様々な課題に直面し、プレッシャーを感じることもありますが、専門的な知識を学び、また先輩からのアドバイスをもらい、一つひとつ解決しながら進め、無事に工事完成を迎えたときの喜びは大きくやりがいを感じています。また、自分が設計した図面が市の一部に反映し、形として残ることは感慨深く、土木技術職ならではの喜びだと思います。

業務での苦労話を教えてください。

工事を行う際、市民の方や関係機関に工事説明を行い理解して頂く必要があります。そのため、相手が内容を容易に理解できるよう平易かつ正確に説明することが難しく、苦労もありますがやりがいもあります。

土木技術の受験を考えている人に一言お願いします。

横須賀市は土木の知識、経験を多岐にわたり活かせる業務があり、様々な業務にチャレンジする機会があります。また、人材育成の環境も整っており、成長の手助けにもなります。そのため若手でも挑戦する機会があることも魅力の一つです。これからの横須賀市を担っていくのは私たちです。横須賀市の一員となって一緒に仕事をしましょう。

勤務時間外や休日の過ごし方を教えてください。

私は市役所のフットサルチームに所属しています。週に1回、体を動かすことで他部署の方と交流することができ、精神面や仕事面でもプラスになっています。また休日は横須賀の海岸線をランニングし、美しい風景を堪能しています。

横須賀のここが好き!

一緒に私のイチ押し、地元名産のお酒「横須賀ブラジャー」を飲みましょう!

職員の声

  • 興津 良太

    【一般事務】 市民部 北下浦行政センター

  • 水野 加奈子

    【一般事務】 文化スポーツ観光部 商業振興課

  • 山内 貴大

    【土木技術】 土木部 道路建設課

  • 岩永 朋美

    【土木技術】 上下水道局 技術部 水道管路課

  • 時田 恭兵

    【保育士】 こども育成部 保育課 森崎保育園

  • 土佐林 桃子

    【一般事務】 市民部 窓口サービス課

  • 安西 孝太郎

    【土木技術】 土木部 道路維持課

  • 西村 侑紗

    【土木技術】 上下水道局技術部 下水道管渠課

  • 馬場 潤

    【一般事務(福祉)】 福祉部 高齢福祉課

  • 島崎 七穂

    【保育士】 こども育成部 船越保育園